中国浙江省の田舎に住んでいます。 都会では味わえないローカルな中国ネタを綴っていきます。 あ?ドーナツ食べたい・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
熱烈送迎。
会社最後の日。
前回好評だったクッキーを焼いてお弁当箱に詰めて持っていった。
弁当箱


今回はアーモンドと紅茶。
紅茶クッキーとアーモンドクッキー

これがまたウケた!
中国人はナッツが大好きなので、
紅茶より、くるみやアーモンドがのってる方が好きなようだ。
彼氏におみやげに?子供におみやげに?と持って帰る子も。

次の日、家に帰ってきた旦那が、
「今日会社でクッキー作ってたぞ。
でも、真っ黒に焦げてて固くて噛めへんかった。」

どうやら、今日誕生日の子がいて、自分で自分のためにクッキーを作ったらしい。
・・・・オイ、仕事はどうなってるねん(怒)


その夜は、元部下の人たちの誘いで夕食とカラオケへ。
1年ぶりに揃った仲間と昔話に花が咲いた。
その後のカラオケでは、中国の歌を初披露(ボロボロだったけど・・)
仕事を辞めて行った人たちが私たち(というより旦那←部長)の為に集まってくれたと思うと胸が熱くなった。
国や言葉が違っても人間同士のつながりは変わらないんだね。
みんなからの熱い言葉を忘れないように。
きっといつかまたみんなで楽しく食事ができるはず。
ありがとう。


【2006/11/11 12:47】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(3) |
食い逃げ。
今日は仕事が休みだったので、お昼ごはんを食べに外に出た。
お目当ては・・・

豆腐花!

この間、インスタント豆腐花を食べて、
やっぱり本物がいいよなぁと思ってから食べたかったのだ。

台湾料理のチェーン店「永和豆乳」に豆腐花がある。

豆腐花(4元)と油条(揚げパン)(2元)と・・・

と?

牛肉炒面(10元)・・・と

と?

珍珠ミルクティー(5元)


頼みすぎ!!
豆腐花と油条

砂糖のシロップだけのシンプルな味。
豆腐がプルンプルンで柔らかくてウマー
中国人は豆乳に油条を浸して食べる人が多い。
私は豆腐花に浸してみた。
油条に甘いシロップが染み込んで、サクッジュワ?って感じ。ウマイ。
油条をひたしたり


一応お昼ご飯らしく・・(もう十分やろ)
こんなものも頼んでみたが油っこいし、
いくら食べても減らなくて1/3でダウン。
牛肉炒面


食後の珍珠ミルクティー。大好き。
珍珠ミルクティー

コレ、「アイスで」と頼んだのに、全然冷たくないの!
ここが中国の不思議で、冷たいものを飲む習慣がないんだなぁ。
ホットとアイスの差がない。分ける必要あるのか?
最近は夏だったら、冷たいビールを用意している店もあるけど、
冬になると殆どの店が常温ビール。
ジュースも常温。
スーパーに設置してある、コカコーラの冷蔵庫のスイッチは切ってありますから!
まぁ、味はおいしいので許す。

そんなこんなでたらふく食べて、
でも、やっぱり量が多すぎて、すべてを食べ残してしまいましたε≡(ノ´_ゝ`)ノ

【2006/11/09 23:41】 China★Food | トラックバック(0) | コメント(7) |
お菓子作り普及委員会。
私はたまに会社に手作りのお菓子を持っていく。

中国ではクッキーやケーキを食べる人はまだまだ少なく、
ましてや家で作るなんて考えられないことのようだ。

パンを食べる習慣もまだ浸透していないので、電子レンジはあっても
オーブンを持っている人はかなり少ない。

お菓子作りの好きな私は、
中国に来て、真っ先にオーブンレンジを探しに電気屋さんを探し回ったが、
探せど探せど見つからなくて、
ようやく見つけたのが最高温度150度のオーブンレンジだった。(サンヨー製)
他にないので、仕方なく購入。
レンジ

案の定、温度が低すぎて使い物にならなかった。

その後、見つけたのがちょっと大きめのオーブントースター。
一応温度調節ができるし、これが意外に使えた!
トースター

ガトーショコラ、チーズケーキ、タルト、クッキー、パン、和菓子・・
作っては会社に持っていった。

何よりも反応が楽しい。

目をまんまるにして、「すごい!どうやって作るの?」と真剣な眼差しで聞いてくる。

でも、みんなの家にはオーブントースターがないし・・

そこで思いついたのが、炊飯器で作るスポンジケーキ。
材料も揃いやすいし、簡単だし、これなら失敗ないだろうとレシピを渡した。

それからしばらくケーキブーム!
毎日誰かがケーキを持ってきては試食会。

でも、どれもこれも膨らみが悪く硬くて、ボソボソ。
原因を分析してみると、
1、はかりがないから目分量で入れた。
2、泡だて器がないから菜ばしで卵を泡立てた(泡立ち不足)
 
とのこと。でも、一番の問題は炊飯器だった。

私が中国で買った炊飯器は松下製。
中国の一般的な炊飯器は昔、日本で主流だったパチンスイッチの炊飯器。
ご飯が炊ければパチンと保温に切り替わるというアレ。
話をきくと、ケーキのタネを炊飯器に入れてから5分ほどでスイッチが切れてしまうらしい。
ああ・・それでは無理だね・・そういうとみんなガッカリ。

何かいいものないかなぁと思っていると、
ためしてガッテンでプリン特集をやっていた。


あ!プリンか!!


蒸し器ならどの家にもあるはず!しかも簡単!


よっし!明日作って会社に持っていこう?!






















【2006/11/08 22:32】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
晩餐会。
今日は仕事が休みだったので、
前々から日本料理が食べたいと言っていた友達を家に呼んだ。

彼女のリクエストの親子丼(前に作ったことがある)と、
日本料理屋で中国人受けしていたものを中心にメニューを考えた。
何が口に合うのかわからないから色々な種類の料理を作ってみようということで、

親子丼
おでん
しょうが焼き
春菊と干しえびのかき揚げ
ポテトサラダ
味噌汁

え?バラバラ?ええやん?。

彼女は「家でも作るぅ?!!」といって、作り方を真剣に見てました。


好評だったのは、
親子丼とポテトサラダと味噌汁。

「たくさん作ったからお持ち帰りしてよ」と強制して、
お弁当箱に詰めて渡しました。


彼女は私の初めての中国人友達。
明るくて親切でかわいくてとっても優しい。
日本に帰ってもメールのやりとりをしてずっと繋がっていたいと思える大切な友達
これからも仲良くしてね













【2006/11/07 23:30】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(0) |
家の主。
    


「出たぁ!!!!!!」



なんだなんだ?!旦那が大声を張り上げるといったら・・



アレだ!


うちのトイレに住み着く謎の生物。



「よっしゃぁ!今日こそ写真とったる!!」


駆け寄ってきた旦那に、バトンタッチのようにデジカメを渡す。



恐々と旦那の影から便器をのぞくと・・・



家の主?


<( ̄口 ̄||)>!!!  


しばらく見ていなかったからもういなくなったかと思ってたのに!


しかもちょっと大きくなった?


「よし。退治してやる!」


(´・艸・`;)でた!


彼は動物虐待行為になると異様な張り切りを見せるのだ。

彼は勢いよく排水レバーをひねった。

激しい水の流れがヤツの体にぶち当たり、
何度となく排水溝に流されていきそうになったが、
どこにしがみついているのか体をビラビラと震わせながら、
必死に流れに対抗している。

・・・コイツ・・強い!


しかし、水の流れが止まるとヤツはすーーーっと排水溝に身を潜めてしまった。

「よし、水を抜くぞ。」

そういって、旦那は便器内の水をトイレットペーパーですべて吸い取った。

「水がなくなったところでコレをたっぷりと垂らすんや」
トイレ掃除用洗剤


トイレお掃除用の洗剤。
便器内がブルーの液で染まると、
排水溝の内部からピチャピチャという音が聞こえてきた。

「よし!苦しんでる!とどめや!!」

そういって、彼はシャワーを引き込み、熱湯を5分間トイレに流し続けた。

青い液が便器内にいっぱいになって、流れていく。

「これでヤツはもう死んだな。」
仕事をやり遂げた感でいっぱいの彼は、
武勇伝を語りながら妙な達成感に浸っていた。

(。´・ω・)あれ?

さっきまで自信に満ち溢れていた旦那が急に不安そうな表情になっている。


「あいつ・・家の主だっりして・・・」


「家の主?!殺したら罰があたるとか?!まっさかぁ?!!」


宮崎駿のような発想(あんな主いらないけど)に爆笑。


でもちょっと不安になった小心者夫婦なのでした。
























【2006/11/06 23:50】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(9) |
オープングセレモニー。
数日前、友達から、
「服屋さんをオープンすることになったから、セレモニーに来てほしい。」
と連絡があった。
そして、
「オープン当日に花を届けてほしいんだけど、買い方がわからないだろうから、
私が変わりに買うから、当日160元持ってきて。」
と。

なんと直接的な。

言われるがままに160元を持って、行ってきましたよ。

着いてビックリ!
巨大なバルーンが2つも!
それに、チャイナドレスを着た小姐と音楽団もいるではないか!
デパートのオープン記念ちゃうねんから!
バルーン おばはん楽団


音楽団は平均年齢50代の舞台メイクのオバハン集団。
しかもやる気のな?い演奏。
帽子からちらっと見せてるおそろいのくるくるチリチリウイッグが
より一層オバハン臭さを漂わせている。

店内に入ると、彼女らしいカラフルな内装。
一着でも買ってあげようと思ったけど、
あまりにもセンスが違いすぎて断念。ごめんね。・゜・(ノ∀`)・゜・。
奥の部屋ではスタッフがせっせとハンガーに服をかけている。
    店内


2階は・・・ガラ?ン。
ここは喫茶コーナーと子供の遊戯室と事務所にするらしい。
まだ完成してないのにオープンしちゃうところが中国らしくて面白い。
   二階


セレモニーが終わってそのままのカッコで立ち去るオバハン楽団。
       立ち去るおばはん楽団


昼食はレストランで。
ここにも大きなバルーンと垂れ幕が!すごい・・。
       レストランにもバルーン・・!


彼女は私よりも1つ下という若さで会社経営をしているやり手。
今回は友達と共同経営でアパレルにも手を伸ばした。
【お客さんがゆっくりとお買い物できる空間】を目指して、
喫茶コーナーや遊戯室を作ったらしい。
いつからそんな計画をしていたのか・・
いつもその行動力には感心させられる。

彼女の成功を祈るばかり(*´ー`)
【2006/11/05 23:34】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(1) |
宜興の旅。
宜興(イーシン)は紫砂茶壺の産地。
中国茶器が大好きな私は前から気になっていたのだけど、
ガイドブックも地図もないからずっと後回しになっていた。

土曜日。
朝起きてからネットで情報収集。
宜興といっても丁蜀鎮という市郊外が茶壺の産地だということがわかった。

13時のバスに乗って、1時間程で到着。

近ッ!

こんなに近いなら面倒臭がらずにもっと早く来ておけばよかった?

町中のお店に茶壺が並んでいてmorikko大興奮(✪ฺД✪ฺ) !!

バスを降りてすぐにバイクタクシーのおばちゃんが近寄ってきたので、
1日30元契約で、街案内をしてもらうことにした。

宜興陶瓷博物館で目を肥やす。
最近は日本からのツアー客もたくさん来るらしい。
今日は私たち以外にお客さんがいなくてガラーンとしてたけど。
博物館


宜興


北京オリンピックにちなんでこんな作品も。
宜興


その後、おばちゃんの知り合いのお店をいくつか案内してもらって
こんなに買っちゃいました★
買っちゃった


今日は出発した時間が遅すぎて、滞在時間がたったの2時間半。
次は旦那がゴルフに行ってる間に一人でゆっくりと見にこようかな?ニヤニヤ。
【2006/11/04 22:04】 China★Yixing | トラックバック(0) | コメント(2) |
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。