中国浙江省の田舎に住んでいます。 都会では味わえないローカルな中国ネタを綴っていきます。 あ?ドーナツ食べたい・・。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
謎のヨーグルト
ねぇ、みなさん。想像してみてください。

【つぶつぶコーン入りのヨーグルト】

ありですか??

じゃあ、これはどうですか?

【ヤキイモ味のヨーグルト】

ありですか??



こんなすごいモノが今発売されてます。
20060731210608.jpg

20060731210439.jpg

パッケージを見ただけでノックアウト。

絶対まずそう!
でも何故かその不気味な味が気になる。
あぁどうしよう・・・

謎のヨーグルトの前で10分ほど悩んでいた私の横で
かわいらしい店員さんが、試食サービスを提供していた。

コレだ!!

店員さんは小さな紙コップに満タンのヨーグルトを入れて手渡してくれた。
真っ白なヨーグルトの中に明らかに不釣合いな物質がゴロゴロと泳いでいる。


(o≧ω≦)パク・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・(≧ヘ≦)ゴックン。。。





ァ '`,、'`,、'`,、'`,、ヽ(´▽`)ノ '`,、'`,、'`,、'`,、'`,、

あかん!笑うしかない!!

だってホンマに焼き芋!ホンマにとうもろこし!

ヨーグルトと全然マッチしてない!

何やコレ!!おもろすぎ!!!



あーーーーーーーーあ。


買わなくてよかったぁ・゜・(ノ∀`)・゜・。





スポンサーサイト
【2006/07/29 00:54】 China★Food | トラックバック(0) | コメント(2) |
中国靴事情
中国の道は悪い・・。
舗装がきちんとされていなかったり、
タイルが割れたままになっていたり、
タイルとタイルの隙間が大きかったり。
そのため、靴がすぐに壊れる。
正確にいうと、ヒールのかかとが抜ける。
意味わからないでしょ?
私も最初ビックリした。
履きすぎてかかとがなくなるんじゃなくて、
でこぼこ道にヒールが引っかかった瞬間に、
スッポリと抜けてしまうのだ。

ちょっと高い靴でも安?い靴でも結果は同じ。
だからもう、中国に住む間はチープな靴を買うことにした。
今年のサンダル

↑シルバーのが55元、ブラックのが80元。安いと思ったのに全然値切り足りないよ!
と中国人友達に笑われた私。
 
旦那の靴を見ようと靴屋に入った。
ちょっと良さ気なスニーカーを発見。
「26.5センチある?」と店員に聞くと、
驚いた表情で、
「26.5センチ?!ないです!」

「売り切れたってこと?」
「元々ないです。25センチまでしかないですから」

Σ(・ω・ノ)ノ! は??んなアホな!!

「25センチまでぇ?女もんってこと???」
「男ものです。普通の人は25センチまでです。
 そんな大きいサイズいないです」

 うそやん!!ありえん!!!(ノ゚?゚)ノ

中国人ってそんなに足ちっちゃいのかな??
背高い人いっぱいいるよ??
この店が特殊だったのか、店員が間違った情報を流してるのか・・
これは調べてみる価値ありだな。
明日から会社の男子の足サイズ調査開始だっε?(/・ω・)/

【2006/07/28 22:31】 China★Shopping | トラックバック(0) | コメント(0) |
夜デイツ
仕事帰りに旦那と街をぶらぶらしていて、
セールの始まった服屋を覗いたり、タバコを買ったりして、
疲れたからお茶をしようということになった。
目当てのお店へ向かう途中、何気なく目に入った看板が
私の足を止めた。
20060726224526.jpg

蟹黄(かにみそ)湯包(スープまん)


うまそーーーーーーー(*ノ▽ノ)


きっと小籠包に近いものに違いないよ!と
興味のなさそうな旦那を無理やり引っ張り、お店にかけ込んだ。

夜の部は20時半からだというのに、
私達の後からどんどんお客さんが入ってくる。

どうも人気店のよう。ますます期待が膨らむ。

15分ほど待ってようやくでてきた湯包 10個3元(45円)
20060726225432.jpg

普通の小籠包と違って皮にひだがない。
固めのまんじゅう生地で肉餡を包んだ団子って感じ。
中身は豚肉。ちょっと獣臭あり。
蟹味噌は秋しかないんだって?残念!
でもそれって、冷凍モノは使わないということだよね。
秋にもう一度来ようっと。んふふ。


ウロウロしてた公園で思わず買ったシャボン玉メーカー
電動式なのだ?。
ただし、しゃぼん液が異常に臭い!!
20060726225838.jpg

【2006/07/26 23:13】 China★Food | トラックバック(0) | コメント(4) |
中国的老公
夕方、職場のスタッフの旦那さん(老公)から電話がかかってきた。
「Aはいますか?」
「今、工場に入ってていません。旦那さんですか?」
「そうです。残業は何時までですか?」
「6時半には終わりますけど・・・」
「そうですか、わかりました。それなら今日は僕が晩御飯を作ります。
 折り返しの電話は要らないですから!」
そういって、電話は切れた。


やさし?なぁ?.+:。(´ω`*)゚.+:。ポッ


中国の夫婦は共働きが普通で、
【料理は女がするもの】という概念はほとんどない。
早く帰った方が料理を作る のが普通なのだ。
むしろ、料理は男、掃除・洗濯は女 というパターンが多い。
「料理なんて作ったことないし、できない」
と堂々と発言する主婦も多い。
羨ましいのが、男側もそれを当たり前のこととして受け止めていること。
共働きなのだから、協力するのは当然だとさらっと言う。
日本の男性に聞かせたいよ・・ホント。

親と同居していて、料理も子育ても両親任せにしている家庭も多い。
親に子供を預けておいて、
夫婦で夜な夜なマージャンをしている人たちもいるから驚く。

中国では、日本女性というのは
「礼儀正しく、慎ましく、献身的な女性」
というイメージが強いらしく ( ´ω`X( ´ω`X<ナイナイ

嫁にするなら日本女性
旦那にするなら中国男性


というらしい。










【2006/07/26 00:23】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(0) |
少々の定義
今日は日本からのお客さん接待のため、
茶館でお茶した後足マッサージへ。
自宅マンションの一階にあるということと、
足マッサージだけでなく、全身マッサージもついて100分50元
という安さに惹かれ、私達夫婦は毎週通っているお店。


だけどこの店、マッサージ技術はいいんだけれど
ただ一つ問題があるんです・・。


今日も4人で入店したのに、最初に来たマッサージ師はひとり。
「少々お待ちください」
というので、先にお客さんから始めてもらった。

しかし。。。待てども待てども残りの3人が来ない!

30分経ってようやく1人が入ってきた。

残りの2人は?と聞くと、
「もうすぐ来ます」
その言葉を信じてさらに待つこと30分。

結局入ってきたのは一人だけ。

お客さんのマッサージはすでに後半へ突入していた。

今から始めたらお客さんを待たせることになってしまう・・


。・゜・(ノ∀`)・゜・。


・・・・・・ええ、諦めましたよ。


結局私のしていたことってマッサージ屋に行って、
ベッドで寝転がりながら、西遊記を見てただけデシタ。




空きがないなら最初に一言いえよっ凸(`⌒´メ)凸
【2006/07/25 00:24】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(3) |
ハマリもの
中国には写真スタジオがたくさんある。
主に結婚するカップルが利用するのだけど、
結婚前の独身女性がモデル気分でアルバムを作ったり、
出産記念に子供の写真をアルバムにしたりと気軽に利用している。
大抵の女の子は自分の一押し写真をブロマイドにして財布に忍ばせていて、
ここぞという時に(いつやねん)「私どお?」と取り出して見せる。

私も去年、旦那と二人で【なりきり中国人】ってことで、
すべてチャイナ服を着たアルバムを作った。
私達以外は結婚前カップル2組と一人アルバムを作る女の子2人だった。
カップル達は午前中は外で撮影、午後からは室内で撮影のハードスケジュールで
クタクタになっていた。
衣装を5着着て、170枚は撮ったらしい。
「しんどいよー」と言いながら、カメラを向けられた瞬間
笑顔でモデルさながらのポーズ。すごいよ、アンタ達・・。

しかも、面白いのがその衣装。
日本の結婚アルバムでは考えられないようなドレスを着る。
普通のウエディングドレスに加えて、
え?ピエロ?と思うような衣装だったり(アフロのかつら)
え?芸者?と思うような和服だったり(乱れ髪にかんざし)
最近は中国も韓流ブームなので、チマチョゴリも多い。

1週間後にCD-Rになったものを見せてもらい、
自分の好みの写真を選んで、その1ヶ月にはアルバムが完成するというシステム。
モデルになりきってる自分達に大爆笑!
これははまる。ホンマおもろい。

最近、今の部屋を借りている中国人夫婦の家に遊びに行ったときに
結婚アルバムを見せてもらった。

「和服で撮ったの!」といって見せられた写真。

日本語の意味わかんないんですけど!!!


20060723021348.jpg

【2006/07/24 23:06】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(0) |
ばあちゃんソックス
中国に来て最初にビックリしたこと。
それはソックスがないということ(かわいいのがないという意味ね)
子供用靴下はあれど、大人向けのシンプルなのがない。
そのかわりにやたら見かけるのは
パンスト生地のくるぶし丈ソックス。

足マッサージに行くと、マッサージ後にサービスでくれる店が多い。
最初は「絶対ありえん!こんなん履いたら終わりや・・」
とそのサービスも断っていた。

でも、周りを見渡すとおばちゃんだけでなく、ギャルでも
そのソックスを愛用しているのだ。

全身オシャレに決めている子もそのソックスを合わせることで、
ダサくなってしまう。
だってミニスカートにばあちゃんソックスはないでしょー。

きっかけは去年の夏だった。
会社に制服が導入され、シャツにパンツスタイルで
通勤することになったのだ。
最初はパンツの下にストッキングを穿いて通勤していたが、
連日35度の暑さには耐えられなくなり、
ある日、密かにそのばあちゃんソックスに足を通してみた。

が、最後・・・・。


な、なんて快適なのぉ?(*ノ▽ノ)

風が通るから暑くないの!!


あんなにバカにしていたのに今じゃ毎日愛用してる私・・。


でもね、やっぱり人に見られるのが恥ずかしいから
常にズボンの丈を気にして、くるぶしが見えないように
気を使っているの。

そのうち、スカートにも合わせるようになったりして(;´▽`A``

20060724232426.jpg


それは絶対ない!!!!

【2006/07/24 01:10】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
白い○○
ガチャ!

「?(゚◇゚;)あ! ご、ごめん


ガチャ・・。


はぁぁぁぁぁぁぁ?(/□≦、)
まただ。



中国人はトイレのカギをかけない。かけない人が多い。

会社のトイレのカギが壊れているのもあるが(つーかそのままってのもおかしくね?)

トイレのドアがいつも半開きなのだ。

そのため毎日と言っていいほど誰かのお尻を見ている。

朝から見た日にはそれだけでその一日の活力がなくなり、げんなりしてしまう。

しかも、お尻を見られた本人は平然としていて、
お尻を見てしまった私が慌てふためくっておかしくないかい??

人に寄っては

「あ、もう終わったから!」

と、言って、レバーを押して、ズボンのチャックを上げながら
出てきてくれる人もいる。

でも大抵の人は、少し恥ずかしそうにしながら(もしくは真剣な顔をして)
でもドアを閉めることなくそのまま用を足している。


もちろん、エチケット音というものもない。
これは日本独特の習慣なのかもしれないけど。
これほどまでにリアルな音響を聞かされるとさすがに参る。

なんだろう。この感覚の違いは。

もちろん、全員がそういう訳ではなく、ちゃんとドアを閉める人もいる。割合が多いということ。

「郷に入れば郷に従え」とは言っても、こればっかりは馴染めないなぁ・・・「(´へ`;ウーム







【2006/07/22 01:20】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
美少女
絵が描くのが好きな中国人スタッフが昼休みに描いたイラスト。


?(゚◇゚;)・・・・


す、ステキすぎます!!!!


20060721013223.jpg

【2006/07/21 01:38】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
届かないエアメール
写真をエアメールで日本に送ろうと思い、
お気に入りの封筒に入れて週3日来るお手伝いさんに渡し、
郵便局へ持っていってもらった。
2日後、お手伝いさんが
「規定の封筒でないと送れないらしい」といってきた。
面倒くさいなぁと思いながら、中国郵便規定の茶封筒に入れ替え
また、お手伝いさんに渡した。
2日後、お手伝いさんが
「切手が不足しています。22元要ります。」といってきた。
後で払うからその時に立て替えておいてくれよ!
と思いながら、仕方なく今度は自分の足で郵便局へ向かった。

郵便局には3人のお客さんがいて、局員一人が対応していた。
局員の対応が悪く、なかなか順番が回ってこない上、
横入りするオッサンまでいて
私のイライラは絶頂に達していた。
15分くらい待った後、ようやく私の番が来た。

「22元の切手ちょうだい!」


「ない」


(ノ゚?゚)ノ・・・・。

 ・・・って、ちょっと待て!!

しかし、局員はすでに私の後ろの客の対応を始めていた。
私の方を見向きもしない。

ほったらかしかい!!!!

一瞬私の方を見た局員にもう一度叫んだ。

「じゃあ、いくらの切手だったらあるの?」
 
すると、局員は私の封筒を奪い取り、どこに出すのだとか、
航空便なのかなど質問をし、計量を始めた。

「もうすでに計量してて22元必要なんだってば!」

と言っても全く聞く耳をもたない。

そして答えは

「21元。・・・・あ、22元」

って、もぉ?!!!!

最初からわかってるっちゅうねん!!

ようやく局員は机の引き出しからゴソゴソと切手をだした。
(20元切手と2元切手かな?)
と想像していた私に手渡されたのは
2元切手11枚だった。

うそん・・(゚_゚i)タラー・・・

なんで20元切手とかないわけ??
つーかこんなたくさんどこに貼るねん!!

すると、局員、

「裏に貼ったらいいから」

そんな手紙見たことねぇ?!!

結局封筒の裏面いっぱいに11枚の切手を貼り、ポストに投函して家に帰った。

やっと送れた!と喜んでいたのもつかの間、
2日後、その封筒は我が家のポストに戻ってきていた。
お手伝いさん曰く、
「差出人とあて先が逆」だったらしい・・。
もぉいい・・・・。

20060720002621.jpg

【2006/07/20 00:34】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
サンバイザー仮面参上!
やってきました。この季節。
会社の中国人女性スタッフが5時になるとごそごそと装着し始める。
まずは白い腕抜き。そして、つばが異常に長いサンバイザーを被る。
不思議そうに見つめる私の前で彼女は嬉しそうにつばを下にさげた。

え???

その光景を見て私は他に言葉が見つからなかった。
そう、それはまさしくサンバイザー仮面!
なぜにサングラスでなくサンバイザー?!20060719000118.jpg


合理的な中国人にそんな質問は無用だろう。
聞かなくてもその答えは想像がつく。
サングラスだと目以外の部分が日焼けしてしまうから!だろう。
完ッ全に日差しシャットアウト!
あるサンバイザー仮面は白いケープ、あるサンバイザー仮面は柄つきのブラウス。
それぞれがお洒落に拘っている。
携帯カメラで撮影のため画像が悪いのが悔しいけど、
ステキすぎる彼らをどーぞ見てください★
20060719000249.jpg


【2006/07/19 00:15】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(2) |
遅すぎる幕開け


湖州


そうあれは2年前。
1年先に中国へ赴任していた旦那を追って中国へ旅立つ事が決まった時。
友達から「中国行くならネタがいっぱいあるやん。ブログ始めてよ!」と言われた。
「ブログ??何それ?・・なんか知らんけど面倒臭そう」・・が正直な感想だった。
パソコンは得意ではないし、元々新しいことを始めるのが苦手な私は、(いつか始めよう)と後回しにしているうちに2年が経ってしまった。
ぼーっとしてるうちに周りの友達は次々にブログを立ち上げ、すっかり取り残されてしまった私。
このままではいけない!
せっかく海外生活を送っているのだから何か記録を残したい!
すでに半分中国人化してるから、あと半分が中国人になってしまう前に毎日起こるビックリ事件を書き留めておかなければ!
と、いうことで、ようやくブログっちゅうものを開設しました!
これからは、私の中国生活を少しずつ公開しちゃいます!
日記は3日坊主の私だけど、頑張って何とか1年は続けるぞ★
よろしくお願いします。
【2006/07/17 23:58】 China★Life | トラックバック(0) | コメント(3) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。